弁護士仲介で離婚する|離婚案件の実績ナンバーワンの弁護士

離婚の種類

離婚には、三種類の形式があります。まず一つ目は協議離婚です。これは、夫婦間の話し合いのみで合意を得て行う離婚です。裁判所などの第三者を挟まずにできます。現在、日本での離婚の90%近くが、この形式だと言われています。次に、調停・審判離婚が挙げられます。これは、家庭裁判所に申し立てて行う離婚です。夫婦間のみでの話し合いに決着がつかない場合に行われます。日本での離婚の9%が、この形式だと言われています。最後に挙げられるのが、判決離婚です。家庭裁判所を間に入れても合意が得られない場合に、裁判所の判決を受けて行います。この形式では民法770条に該当する理由がないとできないため、注意が必要です。また、この形式では裁判になるので、訴訟費用や弁護士費用がかかります。自分がどういう形式での離婚を望むか、また離婚後の生活設計をどうするか、こういった点を考えると、自ずと形式は決まるかと思います。どういった形での離婚であれ、離婚を考えている方は、まず弁護士への離婚相談をお勧めします。

離婚をしようと考えた時、まずは弁護士へ離婚相談することをお勧めします。離婚には、煩雑な手続きや決め事がたくさんあります。それらを夫婦のみで処理しようとなると、とても大きな労力が必要です。また、夫婦のみで話し合い離婚する場合、後になって話が蒸し返されたり、色々なトラブルが生じたりする可能性があります。財産分与について話し合いをしたのに書面に残していなかったり、書面を作成したのに法的な意味をなさなかったり、養育費や慰謝料が決められたように貰えなかったりなどのトラブルが考えられます。弁護士に離婚相談すると、法的に万全で適正な書面を作成してくれ、その他にも手続きの選択や遂行にかんしてもアドバイスをくれます。これにより、後々起こりうるトラブルを未然に防ぐことができます。離婚を考えている方は、是非弁護士へ離婚相談をお勧めします。