弁護士仲介で離婚する|離婚案件の実績ナンバーワンの弁護士

相場価格

慰謝料とは離婚した際などに発生する精神的な苦痛に対する損害賠償金のことです。しかし、慰謝料の金額の明確な基準は存在せず相手との話し合いの中で決められています。金額の決定に至る項目としては原因の内容や結婚期間の長さや収入など様々な要素から算出されます。現在一般的な相場としては100万円から500万円程度であるといわれています。特殊な例としては相手が社会的に地位のある人物の場合1億円といった場合もあります。ただしこれらの金額を受け取るには裁判所に対して離婚原因の理解が必要でありそのためには多くの証拠が必要になります。しかし、個人でそのような証拠を集めることは不可能であり専門家である弁護士に依頼する必要があります。

慰謝料は離婚の際に必ず発生するものではなく離婚に至る原因によって発生するものです。慰謝料が請求できる場合は限られており大きく分けると次に二つに分けられます。一つ目は浮気や暴力など離婚になる原因に対して精神的な苦痛を受けた場合です。これには言葉の暴力や不倫のほかにもセックスレスなども含まれます。もう一つの方は離婚そのものに対して精神的な苦痛を受けた場合です。これらの慰謝料は相手に原因がある場合に発生するものでもし自分に原因があれば相手から請求されてしまいます。 慰謝料には請求できるための期間が定められておりその期間を過ぎてしまうと請求できなくなります。現在の場合で離婚が成立してから3年の期間となっています。